ハクビシン駆除は早めに行なわないと家の中の悪臭が悪化する

ハクビシンによる被害は家をボロボロにします ハクビシンによる被害は家をボロボロにします

ハクビシン駆除業者に依頼して被害を防ごう

ハクビシン

家から異臭がし、その臭いがどうも糞尿の臭いだなと感じたのであれば、もしかしたらそれはハクビシンの仕業かもしれません。ハクビシンは屋根裏に住み着き、異臭のもととなる糞尿を撒き散らす害獣です。

ハクビシン駆除業者に相談しよう

ハクビシン駆除は自分で行なうよりも業者に任せたほうが確実です。というのも、ハクビシンは特定外来種に指定されておらず、自分で勝手に駆除及び捕獲を行なった場合、鳥獣保護法違反になってしまい、罰されてしまうからです。被害に遭った上に法律違反で罰されると自分の不利益にしかなりません。そこで業者に依頼して正しい方法でハクビシン駆除を行ないましょう。ちなみに、自分でハクビシン駆除を行なおうとした場合、まず自治区に被害報告をして、駆除の許可をもらう必要があります。

業者が行ってくれるハクビシン駆除の方法

追い出し
駆除業者も同様にハクビシンの駆除を許可なしに行なうことはできません。また、業者は基本的に追い出しをメインとしたハクビシン駆除を行ないます。具体的な方法には複数種類があり、代表的な方法に煙で燻しだすという手段が挙げられます。といっても火を炊いて煙を起こすのではなく、燻煙材を用いて燻す方法になります。また、燻煙材は使い方を誤るとますますハクビシンが家の奥に住み着くようになってしまいます。そうなると、ハクビシンの住処事態に煙が届かないので、無意味に終わることがあります。ですので、安易に使えばよいというわけではありません。そのため、家の構造や住処などを考慮して使用することになります。
捕獲する
最も効果が望めるのがハクビシンそのものを捕獲することです。しかし、捕獲用罠は狩猟免許を所持していないと使用できないので、基本的に業者の人に任せることになります。なお、捕獲にも許可が要りますが、業者に依頼することで代行して許可を取る手続きをしてくれる業者もあります。

ハクビシンによる異臭被害が多発

ここでは、ハクビシンによって起きる被害の一つである異臭についてお話します。ハクビシンの糞尿によって発生する悪臭は、放置してしまうと様々は被害をもたらすことになってしまいます。

耐え難い異臭がする

ハクビシンの糞尿の内、特にひどい臭いを放つのは尿です。ハクビシンの尿はアンモニア濃度が高く、強烈な臭いを発し続けます。そんな尿が壁に染み込んでしまうことで、臭いはより残りやすくなってしまいます。そのため、最悪の場合リフォームをしなければなりません。そうなると駆除以外にも余計な費用がかかることになります。

異臭にお困りならハクビシン駆除業者へ

巣や糞などの片付けもしてくれますよ(40代/男性)

ハクビシンに住み着かれた上に糞尿の臭いが酷かったです。そのため、ネットで調べて業者に駆除を行ってもらいました。幸い初期段階だったのですぐに問題は解決し、巣や糞の片付けもしてくれたので悪臭は簡単に消えてなくなりました。そのまま放置して、臭いが悪化したと思うとゾッとします。

消毒もしてくれたので安心です!(30代/女性)

ハクビシンに住み着かれ、糞尿をされたせいか我が家にハエが多くなったのがきっかけで駆除をしてもらいました。聞くところによると、虫が湧く以外にも細菌が増えるので病気にもなりやすいと聞きました。しかし、糞の掃除と消毒をしてくれたおかげでハエがピタッと減りました。

TOPボタン