ハクビシン駆除を行なわないと異臭以外にも様々な問題が発生します

ハクビシンによる被害は家をボロボロにします ハクビシンによる被害は家をボロボロにします

ハクビシンの糞尿は様々な影響を及ぼす

男性作業員

ハクビシンの糞尿は、放置することで悪臭以外にも様々な問題を呼び起こします。そのため、早期にハクビシン駆除を行ない、原因の大元を絶たねばなりません。ここでは、そんなハクビシンの糞尿についてもう少し詳しくお話しましょう。

ハクビシンの糞尿による被害は異臭だけではない

天井が腐っていました(30代/男性 ハクビシン駆除業者)

ハクビシンのおしっこのせいで天井に染みができていました。流石にこれはほったらかしにしたらだめなやつだと思い、ハクビシン駆除をお願いしました。異臭はなんとか消えましたが、天井のシミはどうしても消えません。どうやら天井が腐ってしまったようで、リフォームを依頼することに。

糞尿から害虫が発生(40代/男性 ハクビシン駆除業者)

ハクビシンが住み着き、糞尿をしたせいでハエが増えてしまいました。家の至るところでハエがブンブン飛び回る音が聞こえるほどでした。そこで、ハクビシン駆除をお願いして原因であるフンの掃除をしてもらいました。

害虫から健康被害に至るケースもある

ハクビシンの糞尿で怖いのは、悪臭の他に二次被害があります。糞尿によって害虫が湧く他、細菌が発生してしまうので住んでいる人が病気になりやすく、健康被害が発生する可能性が高くなってしまいます。そうなると自体はより悪くなってしまい、療養しようにも家には細菌が蔓延しているので治療の環境に良いとはいえません。そのため、放置していればその分家の環境は悪くなっていくのです。また、野生のハクビシンそのものが細菌の保菌者でもある可能性は極めて高いです。ですので、住み着かれるだけで病気のリスクは上昇します。場合によっては、一家全員病気で倒れるということにもなりかねないので、ハクビシン駆除は早めに手を打ちましょう。

TOPボタン