異臭に悩まないために~ハクビシン駆除と予防~

ハクビシンによる被害は家をボロボロにします ハクビシンによる被害は家をボロボロにします

異臭被害に遭わないためには

ハクビシン

異臭被害に遭わないためには、ハクビシンを家に入れないことが重要です。そもそもそうすればハクビシン駆除をすることもありませんし、家が異臭で蔓延することもなくなります。よって、ここでは家に入られないための予防方法についてお話します。

ハクビシンに侵入されないことが大事

家の異臭がハクビシンによるものならば、根本的な問題を解決すると被害を受けずに済みます。つまり、ハクビシンを家に入れないように対策を練ることがいちばん重要なのです。ハクビシン対策を練ることでハクビシン駆除を依頼する必要がなくなり、駆除に必要な料金を支払う必要もありません。また、その他様々な悩みで頭を痛めることもありません。侵入されないためにはハクビシンが入り込みそうな小さな隙間を埋めることが重要であり、侵入口と思しき場所はすべて防ぎましょう。場合によっては、木から飛び移って侵入してくることもあるので、木の剪定も効果があります。

ハクビシンを寄せ付ける行為をしない

  • 外に食べ物やゴミを置かない
  • 家の周りを汚さない
  • 寝床になる場所を作らない

ハクビシンが住み着く理由は、そこがハクビシンにとって住みやすい場所だからです。天敵もいないし隠れやすく、さらに食べ物まである人の家というのはハクビシンのみならず野生動物にとって理想の住まいです。そのため、侵入口が見つかった場合、ハクビシンや野生動物はこれ幸いとそこからスルスルと入り込んでしまいます。逆にいえば、住みにくい場所にすることによって住処とされることはないので対策を練り、住みにくい環境にすれば住み着かれるリスクは大きく減ります。 ハクビシンの糞尿によって発生する異臭で、家は様々な被害を受けてしまいます。野生動物は隠れることが上手く、気がつけば被害が拡大していることもあります。そのため、できるだけ素早く行動できるように対策方法は熟知しておきましょう。

TOPボタン